最終更新 March 16, 2022
ライト | ダーク

DxO PureRAW 2 の役割はノイズとレンズの欠陥を最適に処理したリニア DNG ファイルを生成することであり、調整ツールや画像処理ツールの機能はありません。 また、DxO PureRAW は独立したプログラムであり、プラグインではありませんが、リニア DNG 形式をサポートしたあらゆる写真編集アプリケーションでリニア DNG ファイルを開くことができます。

DxO PureRAW 2 では、Adobe Lightroom Classic と連携したワークフローが提案されます。 このユーザーガイドで該当セクションを見る。

最適化処理した画像をエクスポートするには、次の手順に従います。

  1. 画像の追加画面で最適化処理済みの画像を選択します ([処理済み] フィルタを使うと、最適化処理した画像だけが表示されます)。
  2. 右上の [ここにエクスポート] ボタンをクリックします。
  3. 選択した画像を右クリックして、コンテキストメニューで [X 枚の画像をアプリケーションにエクスポート] を選択することもできます。
  4. エクスポートする画像数が開いたウィンドウに表示されます。
  5. [ここにエクスポート…] のセクションでは、Adobe 社のプログラムの一覧がデフォルトで提案されます。 他のアプリケーションを選択することもできます。 その場合、[カスタムソフトウェアを選択する] をクリックし、アプリケーションフォルダ (Mac) /プログラムフォルダ (PC) で任意のプログラムを選択して、[開く] をクリックします。
  6. ウィンドウに対象のプログラム名が表示されます。
  7. チェックボックスにチェックマークをつけると、オリジナルの RAW ファイルを DxO PureRAW 2 で最適化したファイルに添付できます。
  8. [エクスポート] をクリックします。
  9. 対象のプログラムでエクスポートした画像が開きます。

エクスポートウィンドウは、対象のプログラムを記憶します。

エクスポートでは最適化処理したファイルが移動されるわけではなく、処理済みのファイルは最適化処理ステージで定義したフォルダに残ります。

Adobe Lightroom Classic と連携したワークフロー

Lightroom Classic 向けのプラグインを使って、Adobe 社のプログラムで直接、画像を最適化できます。

  1. Lightroom Classic で、最適化する画像を選択します。
  2. ライブラリモジュールで、[ファイル] メニュー > [プラグインエクストラ] > [DxO PureRAW 2 プラグインで処理する] を選択します。
  3. 初めて使用する場合や新しいカメラやレンズを使用する場合、対応する DxO モジュールのダウンロードとインストールを提案するダイアログボックスが開きます (該当しない場合、ステップ 4 に進んでください)。 [選択対象をダウンロード] をクリックし、インストールが完了したら [保存] をクリックします (再起動は必要ありません*)。
  4. オプション選択ウィンドウで、処理方法、光学補正のオプション、出力形式*を選択します。
  5. 同じオプション選択ウィンドウで、保存先フォルダ (インストール先フォルダ) を選択します (元画像のフォルダ内にサブフォルダを作成するか、カスタムフォルダを作成)。
  6. [処理する] をクリックします。
  7. ダイアログボックスが開き、進捗バーと推定処理時間が表示されます。進捗バーの右端にある [x] をクリックすると、処理をキャンセルできます。
  8. 処理が完了すると、ウィンドウに確認メッセージが表示されます。 [OK] をクリックします ([今後表示しない] にチェックマークを入れると、このウィンドウの表示を無効にできます)。
  9. 最適化処理が完了すると、処理により作成されたコレクションが自動的に Lightroom Classic に表示されます。 このコレクションは DxO PureRAW 2 というコレクション内にあり、処理日時が名前に使われています。

DxO PureRAW 2 コレクションは初回の使用時に自動的に作成され、最適化処理をするとコレクションが順次追加されます。

最適化処理された画像には、「元の画像名-元の画像の拡張子_DxO_使用した処理.dng」の形式で名前が付けられます。例:

DSC01234.arw > DSC01234-ARW_DxO_DeepPrime.dng

同じ画像に 2 回目の処理を行うと、処理済み画像名の接尾辞に「-2」が追加されます (その後は「-3」、「-4」など)。

* DxO 光学モジュールのインストール、処理方法の選択、ファイル形式、保存先フォルダについては DxO PureRAW 2 を単体で使用した場合と同じです。

重要ポイント:

避けるべき補正

DxO PureRAW 2 で作成された JPEG ファイルはすぐにシェアや印刷ができますが、リニア DNG ファイルは RAW ファイルとみなされ、Lightroom Classic で制限なしに補正できます。

避けるべき補正

以下の補正は DxO PureRAW 2 ですでに実行されているため、以下のツールの使用は避けるようにしてください。

Windows エクスプローラー (PC) および Finder (Mac) と連携したワークフロー

DxO PureRAW 2 では、Windows エクスプローラー (PC) または Finder (Mac) から直接、画像の最適化処理ができます。

  1. Windows のエクスプローラーまたは Mac の Finder から、画像フォルダにアクセスします。
  2. 1 枚または複数の画像を選択して、画像上で右クリックします。
  3. コンテキストメニューで DxO PureRAW 2 を選択します。[JPG または DNG に処理] を選択し、サブメニューで処理方法 (HQ、PRIME、DeepPRIME) を選択します。
  4. DxO 光学モジュールがまだインストールされていない場合、ダウンロードとインストールを提案するウィンドウが開きます。 光学モジュールはすぐに使用でき、再起動する必要はありません。 DxO 光学モジュールをインストール済みの場合、ステップ 5 に進んでください。
  5. ダイアログボックスが開き、進捗バーと推定処理時間が表示されます。 進捗バーの右端にある [x] をクリックすると、処理をキャンセルできます。
  6. 最適化処理した画像は、Windows エクスプローラーまたはMac の Finder 内のファイル一覧で DxO のサブフォルダに保存されています。

重要ポイント:

この記事は役に立ちましたか?